ライフクリエイター諏訪亮祐

SNSのファン作りには基礎が重要!ビジネス活用で抑えるべき4つのポイント

sns ファン

会社設立や新店舗開業など新規事業を始める際には、SNSやホームページ、ブログの開設は業界・業種を問わず一般的です。中でも、SNSは誰でも無料で思い立ったその日から運用を始めることができるので人気です。

しかし、無料なので運用のサポートやアドバイスはなく、方向性を間違ったまま運用してしまうと成果を得られないどころか、頑張れば頑張った分だけ顧客の期待とギャップが生じてしまって誤解やブランドイメージの低下を招いてしまいます

そこで、SNSを運用しているけど成果が出ない、ファンを獲得できず困っている方のためにファン作りの基礎をまとめました。

1. SNSを使って「何を」伝えたいのか?

最初のステップは、事業の基礎となるコンセプトやこだわり、想い、提供価値の言語化です。伝えたい情報を整理し、明確にすることでオリジナルのストーリーが出来上がります。個性あるオリジナルの情報が共感を生むファン作りの第一歩になります。

2. SNSを通じて「誰に」伝えたいのか?

次のステップは、共感を得たいターゲットの人物像(ペルソナ)の設定です。ターゲットが何を求めているのかニーズを汲み取ることで輪郭が浮き彫りになってきます。ターゲットのライフスタイルや価値観の把握をすることでターゲットがどんなことに困っているのか、ニーズを理解するためのヒントにつながります。

3. オンリーワンの世界観を作り上げる

個性あるオリジナルの情報を発進し続けることで、統一性や一貫性が視覚的にも伝わるようになります。貫き続けるオンリーワンのストーリーが世界観となり、共感を生むポイントです。

誰に」「何を」「どのように」「なぜ」を繰り返して言語化することで「届けたいストーリー」が出来上がります。

4. 運用体制とサイクル作り

4-1. 運用体制

上記3つのポイントはそれぞれ重要ですが、最も大切なのは継続することです。
オリジナルの世界観を持って継続しているアカウントには必ずファンがいます。

継続してSNSで情報発信を続けるためには運用体制が欠かせません。
役割分担を決め、意思決定をする責任者などをあらかじめ決めておく必要があります。

4-2. 評価軸を決める

伝えたいストーリが決まり、運用体制が整えば情報発信になります。
情報を発信しているのに成果を得られない場合は、評価や改善ができていなく、発信する情報とターゲットの期待が合致していない恐れがあります。

投稿内容を振り返る際、何を持って「良かった・悪かった」、「ターゲットとするユーザーに届いているか」などの評価軸を決める必要があります。

「いいね」や「フォロワー数」といった数字も重要ですが、誰から「いいね」や「フォロー」をされるのかがポイントです。

4-3. PDCAでサイクルを作る

最後はサイクルを作って回します。PDCA「Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)」に沿って継続していくことで、どんなアカウントでもファンや共感者が増え、事業に良い効果をもたらします。

さいごに

SNSを使った情報発信で大切なことは、自社のPRではなくファンや共感者に役立つ情報発信です。ターゲットに何を期待されているのか理解することが重要です。事業計画がしっかりできていれば誰をターゲットにしているのか?どんなこだわりや強みを持っているのか?ターゲットに伝えたいストーリーが自ずと見えてきます。

SNSの運用でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー