ライフクリエイター諏訪亮祐

デザイン思考に共感!「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」

おすすめのKindle Unlimited書籍

今回紹介するKindle Unlimitedの書籍は「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由(佐宗邦威 著)」です。

“デザイン”と聞くと絵が上手いなどアーティステックなイメージを抱いてしまいますが、本来、デザインとは「設計=創り出す」という意味です。
本書のキーワードとなる「デザイン思考」は今までの延長線上にはない「まったく新しい事業、商品やサービス、プロセス等を創るやり方」を表します。

これからの21世紀のビジネスではイノベーションが求められ、そのイノベーションを担うのが以下の3つになります。

上記の3つが掛け合わさることでイノベーションにつながります。

新しいことを考えだす「6つの感性」

  1. 機能だけでなく「デザイン
  2. 議論よりは「物語
  3. 個別よりも「全体の調和
  4. 論理ではなく「共感
  5. まじめだけでなく「遊び心
  6. モノよりも「意義

そのためには不完全を受け入れてカオスな状態を楽しみ、より良い生活を実現するための課題を解決し作っていくことが重要になります。

デザイン思考プロセスに存在する4つのモード

個人的にはこの4つのモードが印象的でした。

これらを全て1人でこなす人はなかなかいないので、いずれかのスキルを持った人が集まってチームとなり、チーム全体としてプロジェクトを進めていくことが重要。

デザインリサーチ

ユーザーのニーズを理解すること以上に、「ユーザーの気持ちに共感できるようになる」「自分とは違う生活をしている人たちの生活文脈を感じる」ことが重要です。そのためには、いかに「自分たちの今の世界から飛び出て違う世界を感じるか」というマインドセットがポイント

自分たちは、どんなことで困っている人の生活をどのように良くしてあげられるかという具体的なイメージをチーム全員で持てたら成功。
「どういうものを見たら楽しそうか」という自分たちの直感や意志などもリサーチの企画の際に入れ込むことが大事。

デザイン思考の実践方法の9つのヒント

まとめ

デザイン思考は「デザイン」と「ビジネス」をつなげる役割があり、右脳と左脳の両方を活用したハイブリット思考です。情報過多のデジタル時代の中で目の前にある情報を鵜呑みにせず、常に疑問を抱き、問題を解決していくことが21世紀に必要なスキルでもあり、イノベーションにつながるアイデアを生み出すきっかけとなるはずです。

カテゴリー